3月21日に東京からスタートした桜前線は、北陸地方まで進み、この週末までは新潟や東北南部でも開花を迎えそうです。北海道も昨日までの初夏を思わせる陽気で桜の蕾が前回の予想よりも前倒しで成長しています♬

 

気になる北海道のさくら開花・見頃の予想(お天気+プラス独自)は、コチラの表のようになっています↓

第3回 ほっかいどうの桜開花予想(お天気プラス独自)_170407

札幌は前回の予想より1日早い5/1に気象台のソメイヨシノが開花し、5/3~5/10頃に見頃を迎える市内の桜の木が多くなると予想しています。函館も前回予想より1日早い4/28に五稜郭公園の標本木が開花し、5/1~5/9にかけて見頃になる見込み。昨日(4/6)の最高気温が22.6℃まで上がった帯広は前回予想より2日早い5/1に開花するという予想に変わりました。函館・札幌・帯広は、大型連休期間中にちょうど見頃を迎えそうです🌸お花見の計画の参考にしてみて下さい。

 

※見頃の予想の対象は、各市内にあるエゾヤマザクラやソメイヨシノが7分咲き~盛りを少し過ぎるくらいまでのお花見を楽しめる期間を過去の統計データなどから独自に予想しています。八重桜など開花の遅いものは、この見頃予想の後に見頃がやってきます。

※写真は札幌市の教育文化会館のソメイヨシノの蕾です。ここの桜は蕾の数が多く、とても見ごたえがあります。満開時の様子はこちらの動画でチェックできます。