今朝(12/9)は、札幌で今シーズン最低気温を更新する₋9.0℃まで冷え込みました。

札幌中央区の気象台で12月上旬(12/1~10)という冬の始めの時期に₋9℃台を記録するのは、過去30年で今朝を入れて2回しかないという強烈な冷え込みになりました。

ー9℃以下になるのは、一番寒さが厳しくなる12月後半から2月にかけてが多いので、今冬がスタートから真冬の寒気が前倒しにやってきていることがよくわかるデータです。

 

❚遠軽町生田原は🌡-24.1℃

オホーツク海側の内陸部、遠軽町生田原では今シーズン全国最低気温となる₋24.1℃を記録。陸別や北見などを含めて道東の内陸部を中心に道内の17地点で-20度を下回る冷え込んだ朝となりました。

 

❚今後の寒さは?

一昨日(12/7)に気象庁から発表された1か月予報でも、今後2週間先までを中心に向こう1か月先までは気温は平年より低く、日本海側の雪は多い確率が高いという見通し。

ただ、あす日曜日の夕方からあさって月曜日の午前は、いったんやや強い南風で気温が上昇し、広い範囲でプラス5℃前後まで短い時間上がって湿った雪や雨が降りそうです。その後、月曜日の午後からは、また強烈な寒気でしばらく真冬の寒さが続く見込み。

月曜日以降は、路面状況が悪化し、天気も荒れる恐れがあります。最新の情報をチェックして、来週前半のお出かけは早めの準備をおススメします!

 

❚札幌はインフルエンザさらに増加⤴

昨日発表された、12月3日までの1週間のインフルエンザ患者数の動向を見ると、札幌市は1医療機関当たり6.75人と北海道内の中でも特に多くなっています。全国と全道の平均はともに2.5人程度なので、札幌市が道内では最も早く流行期に入って状態になっています。

土日のお出かけから戻った後は、手洗いをしっかりして、睡眠栄養を十分にとって、インフルエンザを予防しましょう!